とうとう来ました、センター試験1日目です
3年前、長男が受験したのですが
こんなにため息が出たかなぁ・・・と思い返しています

長男は県内の高校に通っていたので、
試験会場も見知った場所で、なんとなく安心感がありました
娘は、他県の高校に通っているので
センター試験は(改めて気が付きました!!)県内じゃないんですね!!!
ひぇ~大丈夫かぁ~、まずそこでドキドキ・・・
誰に似たのか、アバウトな娘
「あれ??受験票ないなぁ」と平気で言い出しそうで、終始ドキドキ・・・

とにもかくにも、私の不安に拍車をかけているのが
自分の時代とあまりに様変わりしてしまった受験システムです
複雑すぎ・・
保護者会の際、学校の先生が
「ます、ご自分の持っている受験の記憶は全部捨てて下さい!!!」と
おっしゃった意味がよーくわかります(>_<)(>_<)(>_<)

そんな私に出来るのは、いつも通りのお弁当作り
ゲンを担いで、やはりカツは入れないとね
f0332332_10104575.jpg

弁当はいつも通りですが
神様、お願い・・・
いつも通り・・じゃなくて、少々・・いえいえすっごく力を発揮して
試験に臨んでいますように





# by makotaguglee | 2015-01-17 10:36 | お弁当 | Comments(0)


アメリカのドラマ「glee」の主要メンバー カート・ハメルという人物
大好きなキャラクターなのですが
演じているのは「クリス・コルファー」という俳優であり作家でもある若干24歳の若者です

f0332332_22242211.jpg

カート・ハメルという登場人物はゲイ(同性愛者)として描かれていますが
演じるクリス・コルファーさんも実際にゲイの方だそうです
最初は別のキャラクターのオーディションをうけたのですが
クリス・コルファーの個性を見抜いたプロデューサーが
「カート・ハメル」というキャラクターを用意したと聞いています

歌が大好きで見始め、はまってしまったgleeですが
ストーリーから様々なアメリカの様子を垣間見る気がします
大雑把に「自由を謳歌している国」というイメージだったのが
「自由」ってHappyなイメージだけではないんだ・・と感じました

自由であるために、自由を手に入れるために
過酷な戦いを強いられる事もあります
ありのままの自分を受け入れてもらう自由、それを認めない自由
様々な人種、宗教、国籍・・・理解する、受け入れる、共存していくという努力は
日本人の私が考えるより、ずっと複雑で難しいものなのかもしれません

まだまだ理解するという所までは到達することはできませんし
いい、悪いを語るつもりもありません
ただただ、文化って深いなぁ・・・というのが私が言えるほんの少しの感想です



# by makotaguglee | 2015-01-16 23:24 | glee | Comments(0)

つぼみがつきました

f0332332_14510966.jpg


今年もシクラメンがつぼみをつけ始めました
もう何年も前に、友達から頂いたシクラメン
毎年、毎年元気に咲いてくれます

本当は植え替えしたり、土を新しくした方がいいのかしら・・・と思うのですが
少々、躊躇しています

・・・と言うのは学生の時に母が一人暮らしのアパート用に
シクラメンの鉢を分けてくれたことがありました
それはそれは綺麗に咲いてくれて、部屋がパッと明るくなりいい感じ♬でした

もともと花が大好きな母はシクラメンが咲き終わってから
大威張りで植え替えをしてくれたのですが
なせでしょう???・・・二度とシクラメンは帰ってきませんでした
それ以来、私と母はシクラメンの植え替えは苦手です
・・・と言うか、植え替えしてません

我が家のシクラメン、今年も元気に咲いてくださいね
植え替えできないので、肥料で勘弁してね(≧◇≦)


# by makotaguglee | 2015-01-14 19:08 | わたし時間 | Comments(0)

休みの日のお弁当♪♬

♬お弁当は続くよ🎶 ど~こまでも~♬

いよいよセンター試験が近づいてきました
何もできない親はドキドキ・・そんな時も、お弁当作りは休みなく続きます

長男の時と同様、娘も終日、塾の自習室を利用しています
今でこそ笑い話ですが、長男が高校生だった頃
学校は休んでも、塾に行くという日が多々あり
「大学に合格しても、卒業できなかったらどーするんじゃ!!!」と叫んだものです

娘の学校では、3年生は自宅学習期間に入っているので
平日も休みの日も、昼用・夜用のお弁当を持って塾通いをしています
平日はバタバタ忙しい中でのお弁当作りですが
土日祝日など、私が休みの時は時間があるので、すこ~し手のかかるものが作れます
f0332332_21342104.jpg
ワッフルやホットサンドは大好きで、作りたくて作りたくてワッフルメーカーを買ったのに
なかなか平日はチャンスがなく・・・
ですから、休みの日なら心おきなく作れます
味見という重要な任務も、きっちりこなします!!

チャーハンも子供達は大好きです
一人分なら、家庭の火力でも十分パラッパラに仕上がるので好評
ご飯が余ると、平日でも作りますが
実は・・チャーハンを作るって、炊けたご飯をお弁当箱に入れるのに比べて
手間がかかりますよね
なので、正直に言うとおかずが少々、手抜き気味に・・・
休みの日なら、そんな事もなくあれこれ詰めてあげられます

から揚げやフライは作り置きしていますが、天ぷらはストックしていないので
えいやっと朝、揚げてしまいます

もうずいぶんと長い間、寝坊してないなぁ・・・と思うのですが
大変(>_<)と思わないって事は、楽しんでいるのでしょう
たぶん、1番楽しんでいるのは私自身ですね



# by makotaguglee | 2015-01-14 00:06 | お弁当 | Comments(0)
大ベストセラーになりましたし、映画でもご覧になった方も多いでしょう
今さら語るもがなの「ハリーポッターシリーズ」ですが・・・
機会あるごとに読み返しています

ものすごく毎日に疲れてしまった時や、心底ゆっくり充電したい時
眠りにつくまで、ほんの少しでいいから違う世界に行きたい時
読むたびに発見があり、ワクワクさせられる物語から離れる事ができません

我が家の子供達は映画を先に見たので
原作本の方は実にゆっくりなペースで、誰も読破してません
よく叫んでいます、私・・・
「映画もすっごく面白いけど、本はもっと詳しいよ!!、驚きの連続だよ!!」って (≧◇≦)
f0332332_14212435.jpg
「ハリーポッターと賢者の石」
全シリーズ、とても素晴らしい作品だと思うのですが、「魔法の世界に踏み込んでしまった!」
という驚きは、この作品に勝るものはない、というのが私の感想です
「私が気が付いていないだけで、魔法って実は存在するに違いない!」
と本気で信じかけていますから!!

この第1巻は、ハリーと読者は同じマグル(非魔法界の人)の目線から始まります
そして自分が魔法使いだと知らされ、魔法学校へ入学していくのですが
魔法の世界では当たり前すぎて、説明すらないという場面にたびたび出会うのです
そのたびに驚き、自分の常識は通じないという経験を一緒にする事ができます
写真が動く事、魔法省という機関がある事、
カエルチョコレートは逃げちゃう事、階段は気まぐれで動いてしまう事、
魔法界の銀行グリンゴッツでは重要な金庫をドラゴンが守っているという事などなど・・

これだけの体験をしても、まだまだ次から次へと不思議な事は続くのです
学校があるという事はマグルと同じですが、授業が全く違います!!!
「魔法史」「妖精の魔法」「変身術」「闇の魔術の防衛術」「魔法薬学」
聞いただけで、ワクワクしてしまいます
「宿題が多くて大変!!」と叫ぶ姿は我が子と同じですが(笑)

授業が行われる教室にたどり着くのも大変です
学校は広いし、金曜日にはいつもと違う所へつながる階段があったり
丁寧にお願いしないと開かない扉があったり、扉のふりをして実は固い壁だったり・・・
毎日こんな不思議な体験を重ねながら、ハリーは成長していきます
まだ、自分にかせられた使命を知る事なく、そして向き合うべき運命を知る事なく・・・

まだ魔法使いとしては半人前のハリーです
敵と戦うのに十分な魔法を使えるわけではありません
でも、この「賢者の石」の中では
勇気と友情、そして注がれた愛情によってりっぱに戦うのです
最初から最後まで、魔法の世界に十分浸れる作品です

# by makotaguglee | 2015-01-12 15:30 | わたし時間 | Comments(2)
三連休の最終日
本日のお昼ごはんは次男のリクエストで、久々の理系男指示による
「紫キャベツを使った、みどり色のラーメン」です

理科大好き次男の、子供用科学雑誌から見つけてきた実験に再挑戦
前回は三食ラーメンでしたが、レモン汁を使った麺が酸っぱいとのコメントから
今回は二色ラーメンとなりました

作り方は簡単です
紫キャベツを刻んで煮て作った茹で汁で、ラーメンをゆがきますf0332332_14203747.jpg

































おおー!!!ラーメンがみどり色に!!!
これにレモン汁をかけると赤になるのですが、今回は省略致します
通常通りの麺も用意して、二色ラーメンの出来上がり♪♪f0332332_14210052.jpg



















色は派手ですが、味はかわりません
休日のお昼ごはんってついついメンド~になってしまうのですが
こんな実験で楽しむと頑張れるかな
何より、助手が増えて楽しいですね
# by makotaguglee | 2015-01-12 14:47 | 日々の出来事 | Comments(0)

頑張らない お弁当作り

お弁当作りは毎日の事、少しだけ・・ため息がでる時 ないですか?

食事作りも同じく、毎日繰り返される事
家族の人数分だから量も必要だし、仕事で疲れた体は思うように動かないし
アイデアに尽きてしまう事もあるし・・
でも食事の場合は、「外食しちゃおうか!」とか「今日はレトルトカレーを楽しもうよ!」とか
結構、奥の手・奥の奥の手があるんですよねぇ
それに比べてお弁当は
食堂がなかったり、コンビニで買う手段がなかったりするとホントに困ります
”栄養のバランス”を考えると
子供がコンビニで買うメニューは、親としては少々心配です

そうなると、やっぱりお弁当かぁ
でも、頑張りすぎるとしんどいので、頑張らない事、出来る事だけを続けています

私のお弁当は基本的に、1から作る料理はそんなにありません
卵焼きとか、おにぎり、サンドイッチなど、作っておけないものくらいです
冷凍食品は、生協の宅配を利用していますが
毎回2~3品購入、ポテトやコロッケなどサイドメニューを愛用中
”まとめて作ってしまう方がずっと楽だ”というスタイルに落ち着いてから
まとめて作って、夕食にもお弁当にも使っています
f0332332_18343196.jpg
自分の行動パターンをよくよ~く見てみると
「食材の新鮮さ」と「調理意欲」が比例している事に気が付きました(>_<)(>_<)
買い物から帰ってきた時が1番元気!!!
1日立つと、ちょっと冷めてきてる?
2日立つと、めんどくさくなります
食材が生死の境をさまようくらいになると
何を作ろう・・から、このお肉、大丈夫かなぁ・・・に変わります
だからエネルギーあふれるうちに、まとめ買いしたものをまとめて下ごしらえしちゃいます
f0332332_18340567.jpg























f0332332_22313682.jpg







































メニューを完成させなくても
お肉を漬け込む、切り分ける、先に使う分は分けて冷凍しちゃうなどと、手を加えておけば安心です
作っておくものも、作り慣れた使い慣れたものばかり
ワンパターンかもしれないですが
使い慣れていると、別の使い方がヒラメく事もあり!!
自分が1番楽なのがいいのです(≧▽≦)

# by makotaguglee | 2015-01-10 22:35 | お弁当

フルタイムの仕事をかかえ奮闘している3人の子の母です。家族が健康に過ごせて自分も楽しくいられるよう、日々工夫しながら頑張ってます


by Mako