カテゴリ:わたし時間( 60 )

第3巻は「ハリーポッターとアズカバンの囚人」のお話です
f0332332_14360749.jpg
ホグワーツ魔法魔術学校の3年生になるハリー
1巻2巻と、ハリーの成長と共にストーリーは進んできましたが
さらに物語は大きく展開していきます

今回は、ますます物語に引き込んでいく魅力的なキーアイテムがたくさん登場です

どこからともなく現れた三階建の派手な紫色の「夜の騎士バス」(ナイトバス)
最先端の技術で作られた、最高級品のレース用箒「ファイアボルト」
大きな鉄の織の中に入れられ取り出すのも一苦労する教科書「怪物的怪物の本」
今後もたびたび登場する便利goods「忍びの地図」
そしてこの第3巻の軸とも言える、結末をも変えてしまったかもしれないほどの
影響力を持つ「逆転時計」(タイムターナー)

どれもこれも、物語をさらに面白くし引き込んでいく力に満ちたアイテムになっています

さて、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」は、
夏休み中、相変わらずダーズリー家でひどい扱いを受けているハリーが
最悪の人と再会する所より始まります!!
バーノンおじさんの妹、マージおばさん
四六時中、ハリーを無視して過ごすダーズリー一家と違って
マージおばさんは何かにつけてハリーにケチをつけてばかり
とうとうキレたハリーは、あまりの怒りに自分の意思とは関係なく
魔法を使ってしまったようです
風船のようにおばさんを膨らませてしまい、
そのまま逃げるようにして、ダーズリー家を後にします

ホグワーツを退学になるのも覚悟して、
何が何だかわからないうちに乗り込んだ「夜の騎士バス」(ナイトバス)でロンドンへ
そんなハリーを待っていたのはなんと魔法大臣!!!
退学どころかハリーを迎えてくれて、夏休み中パブ「漏れ鍋」で過ごしてはどうかと
提案します

腑に落ちない点はありますが、生まれて初めて自由な夏休みを「漏れ鍋」で過ごし
ホグワーツの新学期へ出発です

今回ハリーを待ち受けている恐ろしいもの
それは、誰も脱獄できないといわれていたアズカバンを逃げ出した「シリウス・ブラック」
そして、そのアズカバンの看守にあたる「吸魂鬼」(ディメンター)です

シリウス・ブラックは、かつてハリーの父の親友でした
しかしヴォルデモートの仲間(死食人)となり
ハリーの両親を死に追いやるきっかけを作ります
ハリーさえいなければ、またヴォルデモートが復活できると信じて
ハリーの息の根を止めるために、
未だかつて誰もなしえなかったアズカバンから脱獄したというのです

そして恐怖の記憶にひかれて近づき、平和や希望、幸福を吸い取ってしまう吸魂鬼
吸魂鬼が近づくと、ハリーには命がけで自分を守ってくれた母の
最期の声が聞こえるのです
そんな状況を打破したくて、ハリーは「闇の魔術に対する防衛術」の先生
リーマス・ルーピン先生から吸魂鬼の防衛方法を学んでゆくのでした

今回、どうも様子のおかしいのはハーマイオニーです
勉強家で相変わらずたくさんの科目を取り
勉強に励んでいますが、どうやらアップアップ、限界に近いようです
どう考えてもおかしいのは、同じ時間に2つの科目を受講しているようなのです
体は1つです、どうやって2つの授業にでているのか、
いや、本当は2つなんて受講していなくてただの強がりなのか
ハリー、ロンにもわかりません

クライマックスでは
今まで恐ろしい殺人鬼だと思われていたシリウス・ブラックが無実だった事
本当の裏切り者は、ロンのペットのネズミとして姿を変えていた
ピーターペティグリューだったという事が明らかになります

ハリーの父、シリウス・ブラック、ルーピン先生、
そしてピーターペティグリューの4人はホグワーツの学生だった頃の仲間でした
そんな父を裏切り、ヴォルデモートに密告したピーター
ピーターを引き渡しシリウスの無実を証明できるはずだったのに
一瞬のスキをつかれピーターに逃げられてしまいます
自分の名付け親のシリウスと一緒に暮らすというハリーの夢が
一瞬で砕け散ってしまいました

吸魂鬼に引き渡されて、魂を吸い取られるシリウスの運命を救ったのは
ハーマイオニーの「逆転時計(タイムターナー)」でした
なんと彼女は、たくさん授業を受けるために特別な許可を取り
時間を過去にもどしていたのでした

時間をもどすと簡単に言いますが
過去の自分と出会うわけにはいきません
ハリーとハーマイオニーは過去の自分に見つからないように
姿をかくしたり、タイミングを計って行動します
処刑されるはずだったハグリットが飼っていたヒッポグリフを救い
吸魂鬼に引き渡される前にシリウスを助け
そのまま、シリウスはヒッポグリフに乗って飛んで行きました

一緒に暮らす事はかなわなかったけれども、
シリウスを必要とする時は
今後は手紙を送る事ができるでしょう
ハリーのふくろう、ヘドウィグがきっとシリウスの居場所を見つけ
手紙を届けてくれるはずです
そう思うだけで、これからもどるダーズリー家で過ごす日々が
少しマシになるかな・・・と思われるのです



by makotaguglee | 2015-02-18 20:52 | わたし時間 | Comments(0)

ロミオとジュリエット

高校生の時にTVでの日曜洋画劇場だったか
映画「ロミオとジュリエット」が放送されました

f0332332_15155788.jpg

1968年 イギリス・イタリア合作 フランコ・ゼフィレリ監督


様々な監督、役者によって何度も何度も映画化されていますが
「ロミオとジュリエット」と言えば
この作品が真っ先にあげられるほどの代表的作品となりました
(現代風味付けのものは、レオナルド・ディカプリオ主演の作品もありますね)

その魅力は、なんといっても配役のフレッシュさ
原作のロミオとジュリエットはわずか16歳と14歳でした
この映画はレナード・ホワイティング17歳、オリビア・ハッセー15歳と
史上最年少でのキャスティング
今までの映画は、ベテラン陣が演じてきましたので
演技では申し分ないとは言え、登場人物の未熟さ、青さが出ていませんでした
主演のオリビア・ハッセーは、経験不足をも魅力にして
まさにジュリエットそのものだったように思います



f0332332_15160960.jpg    


f0332332_15543372.jpg


















































































そしてロケ地ヴェローナの美しさ
建物の重厚さは、セットでは遠く及ばず
砂ぼこりさえ、当時を想像させるのに
十分な効果があります
衣装も非常に素晴らしくて、
アカデミー衣装デザイン賞に輝きました

当時は各家庭にビデオデッキが備えられているという環境ではありませんでした
偶然、母の友人が録画したと聞き、
父がビデオデッキを借りてきてくれて
たしか3日間くらい、繰り返し繰り返し見まくった記憶があります

全身全霊を傾けて見たと言ったら大げさですが
そこまですると驚いた事に1、2回見ただけで
日本語の吹き替えは頭に入ってしまい
残りの日々は、ひたすら英語の音声で聞いていました

口の動きと話している時間にしばられる吹き替えと
人間が読み取れる文字数でしばられる字幕

この両者の違いと面白さに気が付いたのはこの頃です
今でも字幕で見て、吹き替えで見て
日本語音声・日本語字幕、英語音声・英語字幕と
何パターンにもして楽しむ癖はかわりません

凝り性であるという性格も、この頃からどんどん磨きがかかってきたようです
様々な「ロミオとジュリエット」に関する本を読みあさり
この映画のシナリオがほしくて、本屋通いをして探しました
図書館にいけば、まずはイギリス文学の棚からスタート
シェークスピアの生家には、その後大学生の時に行きましたが
ヴェローナは、まだ行った事がありません
いつか訪れたいですね・・・

この経験は、あとから思うと私にとって非常に大きく
進路を変えてしまうくらいの影響の大きさがありました

そのお話は、いずれまた・・・


by makotaguglee | 2015-02-08 08:35 | わたし時間 | Comments(0)
基本的には毎日のお弁当をupしているインスタグラム
その他にも、「あ!綺麗」と思った時や
「いいねぇ」と思った時にupしています

写真の題名には#(ハッシュタグ)をつける事で検索しやすくなり
あの手この手でいろんな題名をつけてますが
お弁当写真では
#sandwich #gyoza の時に
「イイネ!」が増えてびっくりしました

「縁起だるま」や「クリスマスのイルミネーション」「折り紙」
そして「glee」「ハリーポッター」関係は、
やっぱり遠く外国からも「イイネ!」が来ましたね
そして多くの人がUPしている
キングスクロス駅の9と3/4番線は
ハリーになりきった人達の写真で一杯です


f0332332_20551396.pngf0332332_20545017.png






















f0332332_18404879.png



英語のコメントは
なんとなぁ~くわかっても
フランス語や・・
???ロシア語??は
全くわかりません(~_~)
それでも、なんとなく言いたい事が伝わるのが
写真の力なのでしょうね

by makotaguglee | 2015-02-05 18:44 | わたし時間 | Comments(0)

家の中のグリーンたち

ガーデニングや花を育てる事は大好きです
以前は庭の手入れを楽しくやっていたのですが
長男が中学生になった頃から
朝練だ!大会だ!!送迎当番だ!!!お茶当番だ!!!!と
忙しさはどんどん加速し
庭にそそぐエネルギーが全く残らなくなりました
残念ながら、今もその状態のままです

今、庭で元気なグリーンは手間のかからない自立心のある(?)種類
やせた土地がとても相性がよかったらしいラベンダー
たった4枚の葉っぱから増やし、今では家をおおってしまう勢いのアイビー
種が飛んで、あちこちから顔を出してくれるスイートアリッサム
1年に何回か咲いて楽しませてくれるマーガレットなど・・・

f0332332_12351140.jpg
そう言えば家の中も、手間がかからず
どんどん増えていくグリーンが多いです
ポトスは見た目も爽やかですし、伸びたら切って水にさせば
そこから根をだすので、簡単に増やしていく事ができます
小さなグリーンは小瓶やお気に入りの小物とあわせると素敵です


f0332332_15164605.jpg























f0332332_15162309.jpg


























使わなくなったベビーチェアは、植木の置台として使っています


by makotaguglee | 2015-01-26 18:44 | わたし時間 | Comments(0)
インスタグラムを始めて2ケ月程たちました
ほぼ毎日のお弁当を投稿しているのですが
お弁当以外で、外国の方・・と思われる人から
「イイネ!」が飛んでくるのが
日の出や、月の写真なのです

日の出は週末ウォーキングの時に、橋の上から撮ってます
あまりに綺麗で言葉がなく、思わずパチリ
月は、だいたいが娘の塾へ迎えに行く時
「寒い!!さむさむ・・」と体を丸めながらも
ふと見上げると、空気が澄んでいる分、本当に月が美しいのです

そんな写真をupした際、「イイネ!」外国からも届きます
日の出や月をみて、しみじみ~って日本人だけじゃないのね



f0332332_21001768.jpg  













    



  


f0332332_21003578.jpg




by makotaguglee | 2015-01-22 23:09 | わたし時間 | Comments(0)
ハリーポッターシリーズ第2巻は「ハリーポッターと秘密の部屋」です

私達マグル(非魔法界の人)も魔法の世界に慣れてきました
まだまだ、知らない事は山のようにありますが・・・
でも最初の1年より余裕をもって魔法界の生活を楽しむ事ができるのがこのお話です


f0332332_18422533.jpg


ホグワーツ魔法魔術学校の2年生になるハリー
早く学校が始まらないかなぁ・・指折り数えて待つハリーに起こる、夏休み中の悲劇
どこからともなく現れた屋敷しもべ妖精ドビーが引き起こした騒動をきっかけに
「学校の外で魔法を使ってはいけない」という学校のルールが
ダーズリー家の人にバレてしまいます
いつハリーに魔法をかけられてしまうか、
冷や冷やしながら腫れ物にさわるように接してきたダーズリー一家
学校以外では魔法は使えない!!ましてや使ったら退学!!!
これ以上のビッグニュースがあるでしょうか

安心してバーノンおじさんは、ハリーを自室に閉じ込めてしまいました
「もう二度とあんな学校には行かせない!!」と窓にも鉄格子まではめて・・・

途方にくれるハリーを助けてくれたのが、親友のロンです
こっそりパパに魔法をかけてもらった車で空を飛び、ハリーを連れ出してくれました
夏休みの残りをロンの家で過ごし、いよいよ新学期の始まりです

けれども、なかなか順調に事は運ばないのです
汽車に乗り遅れてしまったり、新学期早々に罰則をくらったり
意地悪な魔法薬の先生、スネイプ教授とは相変わらず険悪な関係ですし
ロンの杖は折れてしまうし・・・

さぁ、気持ちを切り替えてホグワーツの2年目が始まります
新しい科目、新しい先生、クィディッチのチームの熱い練習も開始されました
今年こそ、優勝杯を手にしなければ!!!

しかし、思いがけない恐ろしい事件がホグワーツ魔法学校を襲います
50年前にも一度開かれたことがあると伝えられている「秘密の部屋」
恐ろしい怪物が住んでいると言われている、「秘密の部屋」が
再び開かれたというのです
50年前は女子学生がひとり、犠牲になりました
今回は、何人もが石にされてしまいました
ハリーの親友、ハーマイオニーまでもがこの謎を解こうと調べていたさなか、
石にされてしまったのです もう迷っている時間はありません

ハグリットが話していた蜘蛛を追いかけろ、というヒントに従い
巨大な肉食蜘蛛に襲われそうになりながらも、
50年前の事件の話を聞き出します
石にされたハーマイオニーが握っていた、切り取られた古い本のページ
一つひとつのピースがつながり、
とうとうハリーとロンは秘密の部屋の入り口を見つけるのです

第1巻で戦う相手は、魂ともいえるかどうかもわからない
肉体を失った「名前を言ってはいけないあの人」でした
この第2巻で戦ったのは、50年前に日記に封印された「記憶」なのです
「記憶」の仕業で秘密の部屋が開かれ、恐ろしい怪物が再び現れました
またもや、ハリーはありったけの勇気と機転をきかせて見事に立ち向かうのです
怪物の毒牙にかかりながらも、ハリーは友を思い友を守り、
記憶の息の根を止める事ができました
石にされた人達は、無事に元にもどり
つかまっていたハグリットも無実が証明されホグワーツに帰ってきます

より成長したハリーを心から誇らしく思いながら、本を置く事ができました

この「秘密の部屋」をさらに魅力的にしているのは
新たに登場した、キャラクター達です
屋敷しもべ妖精「ドビー」、トイレに住み着いている幽霊の「嘆きのマートル」
闇の魔術に対する防衛術の先生「ロックハート教授」、薬草学の先生「スプラウト教授」
敵ながらも、渋い光を放つマルフォイの父親「ルシウス・マルフォイ氏」
そして、今後も深くつきあっていく事になるロンの家族、ウィーズリー一家
あげればキリがありません

すべてが徐々につながり、次のストーリーへと導いていってくれます


by makotaguglee | 2015-01-20 19:12 | わたし時間 | Comments(0)

つぼみがつきました

f0332332_14510966.jpg


今年もシクラメンがつぼみをつけ始めました
もう何年も前に、友達から頂いたシクラメン
毎年、毎年元気に咲いてくれます

本当は植え替えしたり、土を新しくした方がいいのかしら・・・と思うのですが
少々、躊躇しています

・・・と言うのは学生の時に母が一人暮らしのアパート用に
シクラメンの鉢を分けてくれたことがありました
それはそれは綺麗に咲いてくれて、部屋がパッと明るくなりいい感じ♬でした

もともと花が大好きな母はシクラメンが咲き終わってから
大威張りで植え替えをしてくれたのですが
なせでしょう???・・・二度とシクラメンは帰ってきませんでした
それ以来、私と母はシクラメンの植え替えは苦手です
・・・と言うか、植え替えしてません

我が家のシクラメン、今年も元気に咲いてくださいね
植え替えできないので、肥料で勘弁してね(≧◇≦)


by makotaguglee | 2015-01-14 19:08 | わたし時間 | Comments(0)
大ベストセラーになりましたし、映画でもご覧になった方も多いでしょう
今さら語るもがなの「ハリーポッターシリーズ」ですが・・・
機会あるごとに読み返しています

ものすごく毎日に疲れてしまった時や、心底ゆっくり充電したい時
眠りにつくまで、ほんの少しでいいから違う世界に行きたい時
読むたびに発見があり、ワクワクさせられる物語から離れる事ができません

我が家の子供達は映画を先に見たので
原作本の方は実にゆっくりなペースで、誰も読破してません
よく叫んでいます、私・・・
「映画もすっごく面白いけど、本はもっと詳しいよ!!、驚きの連続だよ!!」って (≧◇≦)
f0332332_14212435.jpg
「ハリーポッターと賢者の石」
全シリーズ、とても素晴らしい作品だと思うのですが、「魔法の世界に踏み込んでしまった!」
という驚きは、この作品に勝るものはない、というのが私の感想です
「私が気が付いていないだけで、魔法って実は存在するに違いない!」
と本気で信じかけていますから!!

この第1巻は、ハリーと読者は同じマグル(非魔法界の人)の目線から始まります
そして自分が魔法使いだと知らされ、魔法学校へ入学していくのですが
魔法の世界では当たり前すぎて、説明すらないという場面にたびたび出会うのです
そのたびに驚き、自分の常識は通じないという経験を一緒にする事ができます
写真が動く事、魔法省という機関がある事、
カエルチョコレートは逃げちゃう事、階段は気まぐれで動いてしまう事、
魔法界の銀行グリンゴッツでは重要な金庫をドラゴンが守っているという事などなど・・

これだけの体験をしても、まだまだ次から次へと不思議な事は続くのです
学校があるという事はマグルと同じですが、授業が全く違います!!!
「魔法史」「妖精の魔法」「変身術」「闇の魔術の防衛術」「魔法薬学」
聞いただけで、ワクワクしてしまいます
「宿題が多くて大変!!」と叫ぶ姿は我が子と同じですが(笑)

授業が行われる教室にたどり着くのも大変です
学校は広いし、金曜日にはいつもと違う所へつながる階段があったり
丁寧にお願いしないと開かない扉があったり、扉のふりをして実は固い壁だったり・・・
毎日こんな不思議な体験を重ねながら、ハリーは成長していきます
まだ、自分にかせられた使命を知る事なく、そして向き合うべき運命を知る事なく・・・

まだ魔法使いとしては半人前のハリーです
敵と戦うのに十分な魔法を使えるわけではありません
でも、この「賢者の石」の中では
勇気と友情、そして注がれた愛情によってりっぱに戦うのです
最初から最後まで、魔法の世界に十分浸れる作品です

by makotaguglee | 2015-01-12 15:30 | わたし時間 | Comments(2)

お気に入りの本

子供の頃から、本を読むのが大好きでした
思い出せる限りの本にまつわる古い記憶は、母が繰り返し繰り返し読んでくれた絵本です
なんの絵本か思い出せないのですが
母の声のトーンと、あざやかな挿絵が記憶に焼きついています

それから思い出すのは、社宅に住んでいた頃、月に1回でしょうか
移動図書館が来てくれていました
楽しみで楽しみで、どの本を選ぼうかワクワクしました

そして、夏休みや冬休みといった学校の長期休みが始まると
母は市立図書館に連れていってくれるようになりました
その当時は、大量の本を目の前にして嬉しくてうれしくて、足が震えるくらい興奮していました
今でも大きな図書館や本屋さんへ出かけると、足がジンジンする事があります(≧◇≦)

そんな子供時代に出会った大好きな本
図書館で繰り返し繰り返し、借りていましたが
大人になってあらためて自分の手元に置いておきたくて買い求めました

「大どろぼうホッツェンプロッツ」「小さい魔女」「そばかす先生のふしぎな学校」

子供時代の私が推すベストスリーです
面白くて面白くて、あっという間にストーリーに引き込まれ
時間も忘れて読みふけっていました
私が夢中になって本を読む時によくあるのですが
あまりにストーリーに夢中になって入り込むので、場面が頭に映像として映るのです
「あれ?挿絵あったっけ?」と我にかえり、本を読み返す事もしばしばありました

この本の楽しさを子供達にも伝えたくて
寝る前に布団に入ってから少しづつ読み聞かせた事もあります
とても好評でしたよ

人と人との出会いが、かけがえのないものであるように
本との出会いも、また人生にとってはとても大切だと思います
f0332332_12090135.jpg


by makotaguglee | 2014-12-25 18:52 | わたし時間 | Comments(0)

温かい くつろぎ時間

f0332332_19395991.jpg
ホッとしたい時
冬の足音が聞こえ始めてきた時
たびたび登場するのが、ゆず茶

コーヒーもミルクティーもレモネードも大好きなのですが
この頃、ゆず茶にはまっています
爽やかな香りと程よい甘さ
熱々をフーフーしながら頂く時間はホントに幸せ!!
黄色って幸せの色なのかなぁ?

ゆず茶片手に過ごす時は
大好きなDVDを見たり
お気に入りの本を読んだり

ゆっくりゆっくり、自分の元気がもどってくるような気がします





by makotaguglee | 2014-11-22 14:32 | わたし時間 | Comments(0)

フルタイムの仕事をかかえ奮闘している3人の子の母です。家族が健康に過ごせて自分も楽しくいられるよう、日々工夫しながら頑張ってます


by Mako