カテゴリ:わたし時間( 60 )

ブログが運ぶ☆彡ご縁 

ブログを始めて、まだ2年と少ししか立っていませんが
ホントにたくさんの友人と、たくさんの素敵なご縁を頂きました

今回、本好きのmaocorgiさんと
お互いのおススメ本をプレゼントする!!という企画が実現しました!!!
彼女は現在、ご主人様の仕事の都合でロシアに在住です
私にとって、ロシアは全く未知の世界・・・
だって、1,2,3もロシア語で言えないし、ABCだって言えないよ((+_+))
日本人にとってはまだまだ遠い国ロシアで、
気負いなく、自然を楽しみ、ロシア人のご近所さんと
穏やかな日々を送っている様子が、ブログからも伝わってきます

幼馴染が中学生の頃、父親の仕事の関係で3年程オーストリアで過ごしていました
よく母と、マンガや雑誌、本を送ったものです
すごく喜ばれ、クラスの日本人の友人たちと奪い合うようにして読んでるよと
手紙に書いてありました
本好きのmaocorgiさん、きっと本読みたいよね~と思い切って連絡を入れてみたんです

おススメ本のプレゼント交換♡♡いいですねぇ!!!本好きにはたまりません

f0332332_00192164.jpg

あらら・・・(^o^)/(^o^)/(^o^)/
おまけにロシアからの、こんな素敵なお土産まで頂いてしまいました
f0332332_00202350.png
今回の本の交換イベントのために、だいぶ本屋さん・古本屋さんも巡りましたが
まだまだ、読みたい本がこの世の中にどれだけ溢れているか!!と実感!!!

第2弾、第3弾も行きますか!!!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
ご期待あれ!!!
by makotaguglee | 2016-07-21 00:56 | わたし時間 | Comments(5)
「バムとケロ」の絵本シリーズ
いつ頃、出逢ったのかなぁ・・・
たしか長男が小学校の頃、始業前の朝読書の時間に
友達から見せてもらったのが、きっかけだったかも・・・

「ママ、すっごく面白い絵本なんだよ!!!」
コーフンして話してくれた記憶がかすかに残ってます
でも、説明がちっとも上手じゃない長男
バムとケロが主人公で、とっても絵がかわいくて
ケロちゃんはカエルで・・と真実がわかったのは本を買った後でした(≧▽≦)

もう、それはそれは素敵なイラストで
隅から隅まで見ないと、大損しますよ!!!と叫びたいくらい

そんな大好きなバム&ケロシリーズの絵本の英語版を見つけました!!!!!

f0332332_22413626.jpg


へぇ~英語だと、こんなふうに言うのかぁ・・と
あいかわらずページのはじからはじまで、バムとケロの可愛さを堪能しながら
日本語との違いを読むのも楽しいです

バムとケロの別のお話は・・・
by makotaguglee | 2016-07-02 10:30 | わたし時間 | Comments(4)
この時期、いつかやってみたいと思っていたのですが
なかなか手の出なかった「梅仕事」
この年齢にして、初めてチャレンジしました!!!
・・・なんてことない、ただ毎週の生協のネット注文でポチッとしただけ
水曜日の宅配日に
「ホワイトリカー」「梅」「氷砂糖」が届きました!!!


f0332332_22114759.jpg


楽しみです♪♬🎶 梅酒!!!
子供の頃、この梅を食べるのが楽しみでした
確か土曜日の夜、NHKで「刑事コロンボ」を放送してまして(年がバレバレだわ)
母は梅酒、私は梅を堪能しながら見てました
いつ頃、飲めるようになるのかなぁ・・・(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)


f0332332_22115140.jpg


初めての「梅仕事」の感激も(?)冷めやらないうちに
今度は、会社で配るマドレーヌ作りをしました
実際の異動は6/14なのですが
イベントや一斉振替休日などなど、いろいろな事が重なり
全員が揃う最後の日が6/9の木曜日
人数が多い拠点なので、大変でしたが
とても喜んで頂けて、よかったです(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)


f0332332_22242961.jpg

営業所の親睦会から、マネージャー方から
こんな素敵なお花と記念品♡♡♡

本当にお世話になりました!!
また一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています!!!


f0332332_22243140.jpg


涙が出るくらいうれしいメッセージ付き
人事異動はサラリーマンの常ですが
いつも、「行きたくないよ~(>_<)」「離れたくないよーー」と思える程
一生懸命がんばってこれた環境に、改めて感謝です
f0332332_22380905.jpg




by makotaguglee | 2016-06-09 23:38 | わたし時間 | Comments(4)

お母さんを楽しむ

本は大好きです
ファンタジー小説、推理小説、ミステリー、SF、レシピ本、歴史小説
エッセイ、How to 本 などなど 色々読みますが
長男の卒業式に出かける時、久々の電車に揺られながら手にしていたのが
子育てに関するエッセイでした

子育てについての具体的な「育児書」も読みましたが
大好きだったのは、子育てエッセイでした
私だけじゃないんだ・・とホッとしたり
励まされたり、目からウロコ・・だったり、
どちらかと言うと、頭でっかちでマジメな私はものすごーーーく悩むんです
落ち込むんです(あまり信じてもらえないんですけどね)

この日手にしていたのは、柴門ふみさんの
「フーミンのお母さんを楽しむ本」でした
第1版は1991年ですって、そうですね、長男が22歳ですから
もうそんなに立つのか・・・

懐かしいなぁ・・・




More
by makotaguglee | 2016-03-28 06:04 | わたし時間 | Comments(4)

耐えることも大切

毎月お世話になってるダスキンさんが届けて下さる「喜びのタネまき新聞」
今月頂いたものは、まさに私に語られているようで
胸が痛くなりました
今日、娘は国公立大学後期試験に挑戦しています
倍率から言ったら、なかなか厳しいのですが
泣いても笑ってもこれが最後
1年間頑張って来た、浪人生の威信にかけて精一杯向かってきてほしいです
f0332332_11103857.jpeg
10年前・・・

More
by makotaguglee | 2016-03-12 11:19 | わたし時間 | Comments(2)


ゆるきゃらグランプリ第1位 一応、獲得してます ぐんまちゃん

f0332332_02180398.jpg



ブログやFacebookのおかげで
大人になっても、友達がこんなに増えるんだ!!と実感する今日この頃
特に遠方の友人が増え、改めて自分の地元を振り返る事も多々です
どんな土地?どんな歴史があるの?どんな名物があるの?
おすすめの場所は?おすすめの美味しい物は?

ちょっとしたお土産や宅配便を送る時
目的の物に添えて
最近は必ずぐんまちゃんに同行してもらってます
かわいいでしょ??


by makotaguglee | 2016-03-10 02:27 | わたし時間 | Comments(0)

諦めない気持ち

毎月ダスキンさんのモップにお世話になっているのですが
モップと一緒に届く月刊誌(?)に掲載されている、ダスキンの社長さんのエッセイが大好きです
心温まる話だったり、感心させられる話、思わず涙ポロリの話・・と
毎月読むのを楽しみにしています

だいぶ前になりますが
心に留めておきたくて例のごとく切り抜いて取ってある記事です

f0332332_21324131.jpg


More
by makotaguglee | 2016-02-17 21:34 | わたし時間 | Comments(8)
家を建てる時大きな魅力だったのが
学校が近い事、公園がたくさんあって子供に良い環境だという事
近くに安いスーパー、ドラッグストアがある事
そして何よりもひかれたのが、図書室がある事でした

市立図書館は車で20分ほどの所にあるのですが
ここも市立の図書室です、しかも歩いて2分!!!
規模は小さいですが
本好きの私にとってはワクワク・ゾクゾクする、夢のような空間なんです

次男は生後3ヶ月から、貸出カードを所有してます(母子手帳で作ってもらいました!!)
最近は、宿題を図書館でするのがお気に入りで
その後、マンガを読んで帰ってくるみたい(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

f0332332_23133853.jpg
今日借りてきたのは
料理の本とお弁当の本、いつも何か美味しいものはないかなぁ・・と探してます
ミステリーや推理小説も大好きです
東野圭吾は絶対、天才だ!!!と、うなりながらいつも読んでますが
ミステリーって二度三度読まないので借りる事の方が多いです(出版業界さんごめんちゃっ)
ダイエットの本もたまに読んで、カツをいれます!!!(今回は食べ順ダイエットの本)
あと、英語の本もよく借ります(いつか、ペラペラとしゃべれるようになるのかしら・・)
お片付けの本も大好きです
今日はモチベーションをあげるために、コンマリさんの本を借りてきました(何回目かな?)

夜、布団のなかで眠くなるまで本を読む時間が、至福の時なのです(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)
by makotaguglee | 2015-11-21 00:07 | わたし時間 | Comments(0)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
大きな展開期をむかえ、ハリーを取り巻いてきた様々な疑問の糸が
少しづつほぐれていき、新たな真実が見えてくる第4巻です

f0332332_20195216.jpg

「リドルの館」と呼ばれるかつての豪華な屋敷は、今は見る影もなく荒れ果てていました
そこで起こったある老人の死で、なぜか300kmも離れたハリーの額の傷が痛み
何かの始まりを知らせるように物語は始まります

いつものようにさえないハリーの夏休み 
でも今回は一足早くダーズリーおじさん宅からさよなら出来そうです
ハリーの親友ロンから、クィディッチ・ワールドカップの決勝戦に行こうと誘いが来たのです
ウィーズリー一家がハリーを迎えにきてひと騒動起きたのですが
何はともあれ、ハリーはダーズリー家を脱出
はやる気持ちを抑えて、ワールドカップ会場へ出かけるのでした

クィディッチワールドカップ決勝戦は、ブルガリアVSアイルランドの試合です
大盛り上がりの中試合が終わり、テントにもどっても興奮が冷めやらないハリー達

しかし事件が起こるのです
やっと眠りに落ちたのかどうかわからないまま
ウィーズリーおじさんにたたき起こされたハリー達は、森へ逃げるよう言われます
仮面をつけた一団が暴れまわっているのです
そして「闇の印」と言われるヴォルデモートの印が、真っ暗な空にギラギラと怪しい光を放っていました
誰もが「名前を言ってはいけないあの人」の存在を思い出すのです・・・

事件は解決しないまま、いよいよホグワーツの新学期が始まります
そして100年以上行われていなかったという
「三大魔法学校対抗試合」(トライ・ウィザート・トーナメント)が開催されることが告げられました
ホグワーツ・ボーバトン・ダームストラングの三校の魔法学校から代表選手を1名選び
3つの過酷な課題に取り組み、優勝杯・学校の栄誉
そして優勝選手に与えられる1000ガリオンの賞金を賭けて戦うのです

「炎のゴブレット」から火花が飛び散り、代表選手の名前が書かれた焦げた羊皮紙がはらりと落ちました
ゴブレットが、それぞれの学校から3名の選手の名前を吐き出した後も、なぜか赤く燃えはじめ
またしても羊皮紙が現れました
ダンブルドアが読み上げた4人目の選手の名前は・・・「ハリー・ポッター」

あまりに試合の種目が難しく危険であることから、17歳に満たない生徒は名乗りをあげられません
なぜハリーの名前が吐き出されたのかわからないまま、トーナメントの準備が進められていきます
ハリーが選ばれたことによってロンとの関係もぎこちなくなり、ハリーはすっかり孤独になってしまうのです

課題は本番まで伏せられているはずでした
しかし、ハグリットに森にこっそりと連れてこられたハリーは
第一の課題はドラゴンと戦うことだと知らされるのです

唯一の協力者、ハーマイオニーと呼び寄せ呪文の猛特訓をするハリー
その甲斐あって、一番凶暴なハンガリーホーンテールを引き当てたにも関わらず
第一の課題を見事にやり遂げるのでした
10点満点で各審査員が採点した結果は
ダームストラング代表のクラムと同点首位に立ちます

喜びにわくグリフィンドールの談話室の祝勝会
でも何よりもハリーが嬉しかったのは、ロンと仲直りできた事
あまりに危険な課題を目の当たりにして、ロンもやっと誰かが何かをたくらんで
ハリーが代表選手になるように仕向けたのかもしれない・・と考え始めたのでした

さて、第二の課題はドラゴンから奪った金の卵にヒントがあります
この金の卵には蝶番がつき開くようになっていて
その中に第二の課題のカギがあると言うのですが・・・

課題まではまだまだ時間があります
まずは課題の1つが無事に終わった事、ロンが味方に戻ってきてくれた事
その信じられないくらいの幸せにひたるハリーなのでした

続きます・・・
by makotaguglee | 2015-10-29 21:18 | わたし時間 | Comments(4)
疲れました~(~_~;)(~_~;)(~_~;)
今週もよく頑張った!!!と自分で自分をほめながら家路を急ぎます

先週と比べると、仕事はだいぶ落ち着き余裕のある1週間でした
1日は会議で時間を取られましたけど
緊急事態が起こるわけでもなく、大至急の複雑な案件が飛び込んでくる事もなく
無事に週末を迎えられま~す

f0332332_23492992.jpg
またもや懲りずに、娘と一緒に「元気の素」を調達してしまいました
「今日は金曜日だから、ママはきっと寄り道すると思ってたよ」と
娘には、完全に行動を読まれています
いかん・・・母の威厳や、何処に・・・

さてさて、来る日曜日は住民運動会です
きっと疲れ切ったまま、月曜日を迎えなければなりません
・・・となると、明日の土曜日に出来るだけ下ごしらえや、買い物や準備をしておかなくては!!!

快適な1週間のために、明日もがんばろう!!!
by makotaguglee | 2015-10-16 23:54 | わたし時間 | Comments(0)

フルタイムの仕事をかかえ奮闘している3人の子の母です。家族が健康に過ごせて自分も楽しくいられるよう、日々工夫しながら頑張ってます


by Mako