2017年 11月 10日 ( 1 )

超★凝り性

自他ともに認める、超★凝り性です
好きなものはトコトン突き詰めます!!愛しぬきます!!!

時々、一歩間違っていれば、私はストーカーになる要素が十分にあるのではないか?
そんな事を思うほど、懲り方は尋常じゃありません
でもストーカーにならないのは、超・原作至上主義だからかもしれませんね
俳優さんより、登場人物に入れ込んでいる事がほとんどです
ハリーポッターは大好きだけど、ダニエル・ラドクリフ君はハリーじゃないもん
会えるなら会いたいですけどね
(例外はアメリカのドラマ「glee」に出演していたChris Colferさん!!!会えないまま死ねない!!!)f0332332_19042059.jpg















f0332332_19041628.jpg
DVDはこれがレコードだったら、A面じゃなくてB面が聞こえちゃうよ・・というくらい見倒します
DVDデッキはこれまで3台?4台?壊れました・・・使いすぎです・・・



f0332332_18225198.jpg


f0332332_19563471.jpg

f0332332_18224756.jpg

gleeつながりの友人と
ロケ地を訪ねる妄想ツアーのため
ノート作りにも余念がありません(^^♪




原作も読みまくりです
少なくとも50回以上は読んでる?
いや、100回くらい読んでるかなぁ・・
f0332332_19042616.jpg



大学進学の際も、この凝り性が運命の分かれ道でした
英語は大好きだったので
あまり深く考える事なく「英文科」にいこう・・・とごく普通に考えてました
そんな高校1年生の時に、はまってしまったのが「ロミオとジュリエット」
あまりに映画が素晴らしく、シェイクスピアは元々好きだった事も手伝って
文献を読みあさってました

f0332332_15040232.jpg

f0332332_15035903.jpg

「ロミオとジュリエット」は何度も映画化されています
私の1番のお気に入りは
1968年度版、オリビア・ハッセー&レナード・ホワイティングの映画です



f0332332_15035503.jpg
同じく、「ベルサイユのバラ」も大好きで、
市立図書館に行けば、英文学のコーナーと、フランスの歴史のコーナーを
行ったり来たり、史学科も捨てがたい・・
図書館に置いてある文献は、ほぼ読んだのでは?と思われるくらい通ってました

普通は、もっと勉強したい!!さらに深く学びたい!と
進路を決めるものと思われますが
なんと!!ワタクシ・・・(←これがあかさたな・・・いやいや浅はかな考えで・・)
これ以上は、何も出てこないんじゃないか・・と思ってしまったのです
シェークスピア没後何年??
フランス革命って、いったい何年前の話???
今後、もっと新しいものって出てくるの?と疑問に思い
古いものをつつくのは、限界があるのかも・・・と
そこでガラッと進路を変えてしまいました

選んだのは社会学部
「今」と向き合いたい「人間」と向き合いたいと考えたような記憶があります
そう言えば就職する時も、「好きな物」ではなく「飽きない事」を念頭に置いて就活してましたね

この凝り性のDNAは、しっかり長男と次男に受け継がれていて
私よりさらに懲り方に拍車がかかっているようです
おそろしや~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

この記事を書きながら、もう1つ思い出しました

自分の目で見て、自分の足でそこに立ちたい!!
これ、学生の頃からやってました!!名付けて「現地突撃!!!」

f0332332_19562994.jpg

こちら
THE ALFEE
写真集からの1枚
同じ所に立ちたいと
行ってみました
(≧◇≦)(≧◇≦)
















  


f0332332_19570545.jpg
こちらの写真
バックには
何もないでしょう?
今のお台場ですよ!!!

13号埋め立て地
(BAY-AREAって
言ってました)
1986年だったでしょうか
ここでTHE ALFEEの
10万人ライブがありました

その後、季節は違いますが
THE ALFEEと
同じ場所に立ちたくて
4時間歩いて
再びこの地へ行きました

きっと
一生凝り性だわ!!
私!(^^)!

by makotaguglee | 2017-11-10 19:00 | わたし時間 | Comments(4)

フルタイムの仕事をかかえ奮闘している3人の子の母です。家族が健康に過ごせて自分も楽しくいられるよう、日々工夫しながら頑張ってます


by Mako