平成20年度 謝辞

来たる3月24日は、次男の小学校の卒業式です
そろそろ準備を・・・と思っていた矢先
担任の先生から、連絡がありました
「過去のものをいくつか出してきました。7年前のものもありましたよ!!」

実はこれ、卒業式での保護者代表の「御礼の言葉」、つまり「謝辞」の事です
7年前は娘の卒業式で読みましたが、今回は次男の卒業式
学年委員長にはもれなくついてくる大役です

原稿は保存してあったのですが
パソコンが壊れた時にすべてデータをなくしてしまい、本当に久々の再会です


f0332332_07092337.jpg




御礼の言葉
 やわらかな陽射しと暖かい風に、木々の芽もふくらみ始めた今日の佳き日、
多数のご来賓の方のご臨席のもと、このような立派な卒業式を挙行して頂き、ありがとうございます。
卒業生の保護者を代表いたしまして厚く御礼を申し上げます
 先ほど校長先生から一人ひとりに卒業証書を手渡して頂きました。
緊張した面持ちではありましたが希望に満ちた誇らしげな姿に、子供達の成長を感じ、胸が一杯になりました。
 六年前、満開の桜に迎えられこの○○小学校に入学いたしました。
この美しい桜に見守られながらどんな小学校生活を送るのだろうと小さな背中を見つめていたのがつい昨日のことのように思い出されます。
 大きすぎるランドセルを背負い、友達と楽しそうに登校する毎日が始まりました。親の心配をよそに子供達はどんどん自分達の世界を広げていき、一日一日が小さな冒険の積み重ねのようでした。
 ○○への旅行は、当日の天気を心配し何度も何度も持ち物を確認し、友達とどうおやつを分けようかと頭を悩ませながら楽しみにむかえました。小さな手にしっかりと小銭を握りしめ、バスに乗って郵便局や図書館に出かけた事もありました。初めて取り組むリコーダーでは、なかなか音が出せずに苦労することもありましたが、その音色はとても優しいものでした。「理科と社会の勉強が始まった」と得意そうに教えてくれた笑顔はすっかり一人前の小学生でした。
五年生で行くはずだった臨海学校は残念ながら中止となりましたが、代わりに行った林間学校を楽しむことができて私達親もホッとしたものでした。筋肉痛に悲鳴をあげながら、出来るようになるまで何度も何度も練習していた運動会のソーラン節、組立体操はさすが高学年と思わされる出来栄えでした。
 最上級生となったこの一年、○○小学校の中心となり様々な場面で活躍し、力を発揮してくれました。たくさんの想い出を作ることが出来た修学旅行やチャレンジスクールを体験し、ますます子供達はたくましさと友情を得て帰ってきました。
 心に残るたくさんの想い出は親にとってもかけがえのない宝物です。

 先生方、この六年間、子供達を導き、見守り、愛情を注いで下さいまして本当にありがとうございました。先生方の温かい励まし、時に厳しいご指導のおかげで今日の日を迎えることができました。そしていつも分け隔てなく子供達をサポートして下さった地域の皆様にもこの場をお借りいたしまして深く感謝申し上げます。
 卒業生のみなさん、卒業おめでとう。みなさんの手にある卒業証書、たった一枚の紙ですから重さは感じないでしょう。でもその卒業証書は雨の日も風の日も雪の日も、辛いことがあっても悲しいことがあっても、この六年間をがんばってきた証です。どうぞそんな自分にもっと自信を持って下さい。この先もくじけそうになる時があるでしょう。そんな時こそ、その卒業証書を開いてみて下さい。がんばってきたみなさん自身にきっと会えるはずです。
 四月からはいよいよ中学生としての新しい生活が始まります。勉強に部活に力一杯取り組んで下さい。私達はいつでもみなさんの最大の応援団でありたいと願っています。
 私達はみなさんの親となることで、楽しかった子供時代をもう一度過ごすことができました。
生まれてきてくれて本当にありがとう。
 四年生のみなさん五年生のみなさん、今日は卒業生のために素敵な卒業式を準備して下さってありがとうございました。
 ○○小学校のオレンジ色の輝きは今、みなさんに引き継がれます。どうぞよろしくお願いします。

 最後に、○○小学校の益々のご発展とご来賓の皆様、校長先生をはじめ諸先生方のご健康と限りないご活躍をお祈りいたしまして御礼の言葉とさせて頂きます。

六年間ほんとうにありがとうございました      
Commented by 19675y at 2016-02-27 08:52
おはようございます!!
うわぁ~~大変ですね。
渡し作文と名の付くものが大嫌いで、こんな大役来ると死ぬね。
でもよく考えると、いろいろやって来たような気がします。
そのたびに神経性胃炎になりそうなくらい。
お疲れ様でした。。。。。次は入学式ですね。
おっと、その前に一番大事な合格発表を。。。。。
Commented by makotaguglee at 2016-02-27 10:45
> マリリン様
こんにちは!!コメントありがとうございます♡
まぁ謝辞は3回目なので、自分の原稿を自分でパクるかな???(≧▽≦)(≧▽≦)
とにかく忙しい私がこうやって子供を育てていられるのは
保育園、学童、学校のおかげなので、なるべく役員は引き受けるようにしてます
仕事柄、話す事、人前でプレゼンする事も苦にならないので・・・
合格発表後に、原稿書けなくなったら困るから
今、仕上げておいた方がいいのかなぁ・・・
やれやれでございます"(-""-)""(-""-)"
Commented by kei-kana38 at 2016-03-03 16:30
こんにちは。
お世話になっているのだから、できるだけ役員を引き受けるなんて、
本当に素晴らしいです。
私も娘がミニバスに夢中なので、一番仕事量の多い、幹事役を受けましたが、
うちは一人っ子だからできました。
makoさんは本当にエネルギッシュ。
見習わなくては。
実は私の母も小学校卒業式に謝辞を読みました。
当時は筆ペンで手書きでした。
7年前の謝辞を拝読し、なんだかウルウルです。
大役頑張ってくださいね。
Commented by makotaguglee at 2016-03-04 21:29
> kei-kana38様
こんばんは!!コメントありがとうございます♡
役員は、まぁ楽しんでやったもん勝ちって思ってます
あとメンバーにもよりますよね
嫌々集まった人たちだと、辛いですよ(>_<)
だから、みんなを巻き込んで楽しく!!が理想です
私もミニバスやってました!!!
子どもに関わっていられるって、実はそんなに長い期間じゃないので
貴重な時間ですよね
by makotaguglee | 2016-02-27 07:49 | 日々の出来事 | Comments(4)

フルタイムの仕事をかかえ奮闘している3人の子の母です。家族が健康に過ごせて自分も楽しくいられるよう、日々工夫しながら頑張ってます


by Mako